アメリカではホームインスペクションが一般化

アメリカといえば、世界的にも影響力のある国です。
政治力、経済力、軍事力などいろいろな面で世界を引っ張っています。
そのため、アメリカを発信地として世界にいろいろなことが広まるときもあります。
不動産関係であればホームインスペクションの考え方が少しずつ世界に広まろうとしています。
ホームインスペクションは、第三者による住宅診断を指します。
新築物件などは、通常は建築主などが検査をして一定機関に退出をします。
ホームインスペクションは、建築主や公的機関とは別の組織で、住宅に関する一定の知識を持った人が現状における状況を診断してくれるサービスです。
ホームインスペクションはアメリカでは2000年ごろはまだ半数ぐらいしか受けられていませんでしたが、今はほとんどの物件で受けられているようです。
その考えが日本にも入ってきていて、専門家なども多くなっています。
知っている人はもちろん、知らない人もどんどん利用すると良いでしょう。

自然の空気を感じられる設計の別荘
ぜひ一度足をお運びください

アクセスのよい大阪のオフィス
主要駅から選んでお探しに慣れます