不動産というのはいくつも需要がありますが

不動産というのは、色々とメリットがあるのですが大別すると三つになります。
それが売るということであり、自分が住むということであり、そして貸すということです。
この中でも貸すことが上手くできるようになりますと人生にとって相当にプラスになるといっても過言ではないでしょう。
非常に安定する収入源として期待できるようになりますから、これは実に有難いことになります。
それはよいことではあるのですが、失敗すると怖い、ということも実は不動産経営には多くあります。
つまりは、売るのであれば一回切りではありますが、そうではなく貸すわけですから、ずっと借りてくれる人がいることが重要です。
少なくとも損益分岐点を超えるようにする、ということが目標になるといっても過言ではないでしょう。
それはとてもよいことではあるのですが、その損益分岐点を超えるのに十年くらいはかかるのが当たり前ですから意外と時間的なリスクがあることにもなっています。